PyCharmによるOpenCVの環境設定

プログラミング
こんにちわ!やじろべぇです。
画像処理系の超有名フリーライブラリであるOpenCVを

Python専用エディタ「PyCharm」から使えるように環境設定してみたいと思います。

「OpenCVで何が出来るの?」と気になる方は、こちらの記事もオススメです。
先に記事を読んでOpenCVで出来ることをイメージしてみても良いかもしれません。

Python,OpenCVで二値画像から白と黒の面積比を算出

Python,OpenCVを使って物体検出でコイン(小銭)を検出してみた

Python,OpenCVで画像を回転させてテンプレートマッチングを試してみた

動作環境

・windows10 home 64bit
・PyCharm Community Edition 2018.2.4 x64
・Python3.6

・OpenCV 3.4.3.18

方法

まずはPyCharmを立ち上げましょう。

そうすると、下記のような初期画面が表示されます。

新しくプロジェクトを作りたい場合は、「+ Create New Project」をクリック。
そうすると、どこに新しいプロジェクトを作るかを尋ねられるので、
好きなところに作りましょう。

ここでは、Cドライブ直下のWorkspaceの下に作ります。

 

スポンサーリンク

プロジェクトが作られたら、メニューの「File -> Settings」の順にクリックしましょう。

そうすると、下のような画面が表示されます。

ここで、画面右側にある「」ボタンをクリックしましょう。
そうすると、下のような画面が表示されるので、検索欄に「opencv」と入力してください。
そうするとリストが表示されますが、その中にある「opencv-python」を選択してください。
デフォルトでインストールされるversionが右側に表示されます。
現時点(2018/11/5)では、3.4.3.18がデフォルトでインストールされるようです。

バージョンの確認をしたら、左下にある「Install Package」をクリックしてください。

インストールが完了すると、Package ‘opencv-python’ install successfullyと表示されたら成功です。

結果

PyCharmを使ってOpenCVをインストールしてみました。
予想以上に簡単で、これなら誰でもすぐに環境構築が出来て、
OpenCVを試すことが出来そうですね。

オススメ書籍

OpenCVの開発環境が整ったら早速開発してみましょう!
ちなみに私は常にこちらの良書を手元に置いています。
本自体はとても分厚いので、辞書代わりに使っています。

体系的にまとめられている良書なので、オススメです。


詳解 OpenCV 3 ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました