天文学・宇宙開発

データサイエンス

kaggleにチャレンジ!ケプラー衛星のデータを使って第二の地球を機械学習で探してみた

今回はkeplerのデータを使って第二の地球を機械学習を使って探してみたいと思います。kepler衛星とは2009年にNASAが打上げた大型の人工衛星で、地球型の太陽系外惑星を見つけることをメインミッションとしていました。kepler衛星は打上げられてから9年間で50万個以上の星を観測し、2600個以上の惑星を発見しています。残念ながら2018年10月に燃料が尽きたため運用を終了したとNASAは発表しました。
データサイエンス

kaggleにチャレンジ!NASAのデータを使って太陽の日射量を機械学習で予測してみた

kaggleで宇宙に関係する面白そうなコンペをあるイベントを通して知ったので、早速チャレンジしてみました。今回挑戦するコンペは太陽の日射量を地球の気象データから予測する内容になります。機械学習を使ってどこまで精度が出るか計算してみました。
オススメ

【2019年版】元宇宙開発エンジニアがオススメ!一度は絶対に見るべき宇宙/SF映画10選

元宇宙開発エンジニアがオススメする「宇宙」を舞台にした映画10作品をランキングで紹介したいと思います。宇宙映画の魅力は何と言っても、迫力の映像、夢やロマンがある、見終わった後の爽快感といったところでしょうか。これを全部見たらあなたも立派な宇宙マニアかも?!
天文学・宇宙開発

木下好則『大人も眠れないほど面白い宇宙の雑学』

言われてみるとなんでだろ?といった宇宙に関する疑問をわかりやすく解説している本です。天文学的な内容から宇宙開発(宇宙工学より)の話まで幅広く書かれています。きっと興味を持つものが一つはあるはずです。
天文学・宇宙開発

的川泰宣「ニッポン宇宙開発秘史 元祖鳥人間から民間ロケットへ」(NHK出版新書)

日本の宇宙開発について著者の経験を元にまとめられている一冊です。日本のロケット開発や衛星開発について、当時のエピソードも交えながら書かれており、当時の日本のエンジニアがいかにして宇宙開発に挑んだかがわかる内容となっています。
天文学・宇宙開発

佐藤靖『NASA 宇宙開発の60年』(中公新書)

宇宙に興味が無い人でも人生で一度は「NASA」という単語を聞いたことがあると思います。この本は、NASAの発足前から発足するにあたってどういった歴史的経緯があり、そして宇宙開発が政治とどのような関係で発展しきたのかが書かれている一冊です。
タイトルとURLをコピーしました