【2019年版】元宇宙開発エンジニアがオススメ!一度は絶対に見るべき宇宙/SF映画10選

オススメ

突然ですが、皆さんはどんな映画が好きですか?

私は宇宙開発をしていたこともあり、宇宙を舞台にした映画がとにかく好きです。

宇宙/SF映画の魅力は何と言っても、迫力の映像、夢やロマンがある、見終わった後の爽快感といったところでしょうか。

さて、そんな宇宙開発を経験したエンジニアがオススメする「宇宙」を舞台にした映画10作品をランキングで紹介したいと思います。

これを全部見たらあなたも立派な宇宙マニアかも?!

ランキング
第10位: 宇宙兄弟
第9位: ゼログラビティ
第8位: はやぶさ/HAYABUSA
第7位:ガタカ
第6位:2001年宇宙の旅
第5位:アルマゲドン
第4位:インターステラー
第3位:アポロ13
第2位:ドリーム
第1位:オデッセイ

第10位:宇宙兄弟

引用:https://koyamachuya.com/media/movie/

監督森義隆
主演小栗旬、岡田将生、他
公開年2012年
上映時間129分

漫画「宇宙兄弟」の実写版。幼いころからの夢を諦めない兄弟の姿勢に勇気がもらえる。

幼いころから宇宙飛行士になりたかった南波兄弟。

その夢に向かってただ真っすぐに進み続け、念願のJAXAの宇宙飛行士となった弟・日々人。

一方で兄・六太は、務めていた会社をクビになり無職状態。

そんな六太にある日JAXAから一通の手紙が。

原作を知らない人でも楽しめるストーリー構成になっています。
夢に向かって真っすぐ進み、時には悩み、それでも諦めない姿勢に勇気がもらえる作品です。

正直、ストーリーはあまり興味無い人でも主演の小栗旬、岡田将生のイケメンだけでも十分楽しめる映画かもしれません(笑)


宇宙兄弟 Blu-ray スタンダード・エディション

第9位:ゼログラビティ

引用:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4364/

監督アルフォンソ・キュアロン
主演ジョージ・クルーニー、サンドラ・ブロック、他
公開年2013年
上映時間91分

圧倒的無重力体験!

地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。

しかし、スペースデブリによって自分たちの乗っていた宇宙船が大破。
二人は漆黒の無重力空間へと放り出される。

何とか地球に帰る手段を探る、残された酸素も残り2時間しかない。果たして二人は地球に戻れるのか。

この映画は何と言っても無重力を感じさせてしまう映像美だと思います。

私はこの映画を見てるとき、息をするのを忘れてしまい、気が付いたら苦しくなってしまいました。。

映画を見ているのに本当に宇宙に行った感覚を体験できる映画です。


ゼロ・グラビティ [Blu-ray]

 

第8位:はやぶさ/HAYABUSA


引用:http://movies.foxjapan.com/hayabusa/index.html
監督堤 幸彦
主演竹内結子、西田敏行、他
公開年2011年
上映時間140分

 

日本の宇宙開発の技術力を世界に見せつけた”はやぶさ”プロジェクト。JAXA全面協力。

2003年5月9日。小惑星探査機「はやぶさ」は、小惑星イトカワを目指し地球を出発。

「はやぶさ」プロジェクトはイオンエンジンの実験や成功すれば世界初となる小惑星からのサンプル入手などを目的としたプロジェクトであった。

2005年9月にイトカワに到着が、姿勢制御装置の不具合や、通信が途切れるなど、さまざまなトラブルに見舞われてしまう。果たして「はやぶさ」は地球にサンプルを持ち帰れるか。

日本の最も有名な宇宙開発プロジェクト「はやぶさ」を描いた作品です。
映画のワンシーンで任期付き研究者が任期満了に伴いプロジェクトの途中でプロジェクトチームから去るシーンもあり、

研究者の置かれている厳しい環境についても描かれています。


はやぶさ/HAYABUSA [Blu-ray]

 

第7位:ガタカ

引用:http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=30818
監督アンドリュー・ニコル
主演イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、他
公開年1997年
上映時間106分

 

宇宙飛行士も遺伝子解析によって適合者か不適合者か選抜される近未来。

遺伝子操作によって個人個人が管理された近未来。

宇宙飛行士を夢見る青年ビンセントは、劣性遺伝子によって宇宙飛行士の夢は決して叶うことはなかった。

そんな希望の無い生活を送っていたある日、ビンセントは闇業者の手配により、事故によって身体的な障者となった優秀遺伝子をもつ元エリート、ジェロームに出会う。
二人は遺伝子を成りすます偽装の契約を結ぶ。そうして、ジェロームの遺伝子を借りてエリートとなったビンセントは、宇宙飛行施設“ガタカ”に潜り込む。しかし、彼の正体を知る人物が現れる。
この映画は宇宙というよりは、近未来で起こり得そうなSF映画です。
遺伝子によって人生が決められてしまうのは、果たして良いことなのかどうかについて考えさせられます。

科学の進歩によって人間社会がどう変わっていき、そして人間にとっての幸せとは何かを描いたメッセージ性の強い映画です。


ガタカ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

第6位:2001年宇宙の旅

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/2001%E5%B9%B4%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E6%97%85/16912/
監督スタンリー・キューブリック
主演キア・デュリア他
公開年1968年
上映時間141分
SF映画の金字塔!
遥か昔、我々の祖先がまだ人でなかった頃。ある日突然謎の黒い石板”モノリス”が出現する。
その”モノリス”に我々の祖先が触れた瞬間から劇的に知能が発達し進化を遂げていった。
その後、人類が月に住む時代になった頃、月面上で再び人類は”モノリス”に遭遇する。

”モノリス”とは一体何なのか、そして再び”モノリス”の影響を受けると人類はどこまで進化するのか?

 

かなり古い映画ですが、SF映画の代表作の一つですね。

映画は見たことない人も映画で使われるサウンドは聞いたこと上がる人も多いはず。

ただ、この映画は正直難しいです。おそらく一度見ただけでは「結局何が言いたいの?」となるはずです。

一度見たら少し内容を整理して、複数回見ることをおススメします。

また、今でこそ、スマートスピーカやSiri等の普及によって、コンピュータと会話することは当たり前になっていますが、1960年代で”HAL”をここまでリアルにイメージ出来ていたのは驚きです。


2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

 

第5位:アルマゲドン

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B2%E3%83%89%E3%83%B3/84618/
監督マイケル・ベイ
主演ブルース・ウィルス他
公開年1998年
上映時間150分
宇宙映画と言えばこれ。

ある日地球に向かって飛来する小惑星が発見された。

 

NASAの科学者が分析をしたところ、高い確率で地球に衝突する。

そして衝突すると地球上の生物は絶滅してしまうほどのインパクトであることがわかった。

 

米国そしてNASAはこの危機的状況を解決するための作戦を決行することに決めた。
その内容とは、小惑星の内部に爆弾を仕掛けて破壊することだった。

そんな計画に選ばれたのは科学者でもエンジニアでもなく、石油採掘のスペシャリスト達。

 

果たして彼らは地球を救うことが出来るのか。

 

超がつくほど映画もそして挿入歌も有名ですね。
そして何と言っても泣けます!

宇宙映画初心者の方はまずはこれを見ておけば間違いないと思います。


アルマゲドン [Blu-ray]

 

第4位:インターステラー

引用:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4366/
監督クリストファー・ローラン
主演マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ他
公開年2014年
上映時間169分
言葉では伝えきれない!SF映画、傑作中の傑作。
近未来の地球。食糧不足が深刻化、異常気象の数々、人類は滅亡真近だった。

人類の危機を救うため、あるミッションが計画され、元エンジニアの男(クーパー)が抜擢された。

そのミッションとは、 人類が居住可能な 宇宙の未開の地(惑星)を探すことだった。

クーパーは家族との別れと人類の希望との間で揺れ動くが、ついにミッションに参加することを決意する。

果たして人類が居住可能な新天地は見つけることが出来るのか?

 

私がこの映画を見た後の感想として、”圧巻”の一言です。

重力波やワームホール理論、惑星間移動(インターステラー)などの

物理学の難しい内容も出てきます。

大学等でこの分野を学んだことのある人にとっては更に楽しめると思います。

(もちろん小数だと思いますが。。)

ただ、難しい内容が含まれていますが、それでも一度は絶対に見るべき映画です。それほどまでに素晴らしい映画に仕上がっています。


インターステラー [Blu-ray]

 

第3位:アポロ13

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD13/1146/
監督ロン・ハワード
主演トム・ハンクス、他
公開年1995年
上映時間140分

実際のアポロ13号の事故を映画化。絶体絶命の中で地球に帰還することが出来るのか。

 

1970年、米国のアポロ計画でアポロ13号(宇宙船)に三名のNASA宇宙飛行士が搭乗します。
アポロ13号のミッションは、月面着陸であった。
しかし、打上後に酸素タンクから酸素が漏れる事故が発生。

絶望的な状況で果たして地球に帰還することは出来るのか。

 

この映画は実際の事故を元に映画化されました。

想像してみてください、宇宙船内の酸素がどんどん無くなっていく絶望的な状況を。

もし私がその宇宙飛行士だったらと考えると、どんな精神状態になっていた想像もつきません。

実際に起きた宇宙船の事故をスリリングに描いた作品。是非一度見てみてください。


アポロ13 [Blu-ray]

 

第2位:ドリーム

引用:http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/
監督セオドア・メルフィ
主演タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、他
公開年2017年
上映時間127分

 

人種差別と闘ったNASAの女性エンジニア達。

 

1960年代初頭、ソ連との宇宙開発競争で争っていたアメリカ。
しかしソ連に遅れ取っていたため、国家の威信をかけて有人宇宙飛行計画に乗り出す。
そんな時代の中でNASAの三人の女性エンジニアは差別や偏見と闘いながら、

アメリカ人宇宙飛行士の地球周回軌道飛行を成功させるため奔走する。

 

宇宙を舞台とした映画は宇宙飛行士を主人公にしたものが多いですが、この映画ではエンジニアにスポットを当てた映画となっています。

普段は宇宙飛行士に比べたら目立たないエンジニアにスポットを当ててくれたのは、一人のエンジニアとしてもとても嬉しいですね。

また、この映画は宇宙開発だけでなく当時強く根付いていた人種差別について、

女性達が自らの技術力や知識力を武器に闘っていく姿勢にも感動させられます。

女性にも是非見てほしい映画です。


ドリーム [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

第1位:オデッセイ

引用:http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/
監督リドリー・スコット
主演マット・デイモン、他
公開年2015年
上映時間141分

火星でたった一人。取り残された宇宙飛行士の運命は。

 

火星の有人探査ミッション中に砂嵐に巻き込まれた探査チーム。
砂嵐によって一人だけ行方不明となってしまった宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。
その他のチームメンバーはマークが死んでしまったと思い、地球に帰還。
しかし彼はケガを負いながらも生きていた。
食料も水も限られる中、彼は科学の力で生き延びようとする。

果たして彼の運命は。

 

ストーリー性も面白く、科学的にも忠実に再現されていると言われている映画です。

ネタバレするといけないのであまり言いませんが、この映画を見終わった後は”ジャガイモ”を無性に食べたくなります(笑)

気になる方は是非見てみてください。


オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

コメント

タイトルとURLをコピーしました