PIL(Python Imaging Library)による基本的な画像処理

プログラミング
O’Reillyの「コンピュータビジョン」を参考に、まずはPILを使って基本的な画像処理の操作をおさらいしてみました。
入力に使った画像ファイル(lena.jpg)はこちら。

動作環境

・JetBrains PyCharm Community Edition 2018.2.4 x64
・Python 3.6
・Pillow 5.3.0

モジュールのインポート

from PIL import Image

 

画像の読み込み

img = Image.open('./lena.jpg')

 

グレースケール変換

(”1″ : 2値画像、”L” : グレースケール、”RGB” : RGB画像など)

img = img.convert('L')

 

画像の拡大縮小

(新しい画像のサイズを指定)

img = img.resize((128, 128))

 

画像の回転

(画像の回転は、時計回りの角度で指定)
img = img.rotate(45)

 

画像のファイル形式変換保存

(変換する画像形式の拡張子で指定)
img = img.save('./re_lena.png')

 

出力画像

 

ソースコード全文

# -*- coding: utf-8 -*-

from PIL import Image

if __name__ == '__main__':
    # 画像読み込み
    img = Image.open('./lena.jpg')

    # グレースケール変換
    img = img.convert('L')

    # 画像の拡大縮小
    img = img.resize((128, 128))

    # 回転
    img = img.rotate(45)

    # 画像のファイル形式変換保存
    img = img.save('./re_lena.png')

 

オススメ書籍

 


実践 コンピュータビジョン

タイトルとURLをコピーしました