データ分析

kaggleにチャレンジ!NASAのデータを使って太陽の日射量を機械学習で予測してみた

kaggleで宇宙に関係する面白そうなコンペをあるイベントを通して知ったので、早速チャレンジしてみました。今回挑戦するコンペは太陽の日射量を地球の気象データから予測する内容になります。機械学習を使ってどこまで精度が出るか計算してみました。
データ分析

PyTorchを用いてディープラーニングによるワイン分類をしてみた

PyTorchを用いてニューラルネットワークによるワイン分類を行いました。また、層を深くしたとき(ディープラーニング)の精度向上検証も行いました。今回用いたデータセットはscikit-learnに含まれているデータセットを使用しています。
コラム

【初心者向け】AI(人工知能)について初心者が最初に知っておくべきこと

1, 2年ほど前から【AI(人工知能)】という言葉をよく耳にするようになりました。テレビやネットでもこの言葉を聞かない日は無いくらいに流行ってます。なぜここまで流行しているかというと、おそらく応用分野が広く特にビジネスへのインパクトが期待されているからでしょう。本記事では下記を目的とします。「AI(人工知能)について、基礎的な知識を体系的に知りたい」 という人向けに、この分野の歴史や専門用語の紹介をしていきます。
データ分析

ボストン市の住宅価格をScikit-learnの重回帰分析で予測

以前の記事では単回帰分析でボストンの住宅価格を予測しました。今回は重回帰分析で予測してみたいと思います。単回帰分析では説明変数が一つのみでしたが、重回帰分析では説明変数が複数扱うことができます。
データ分析

ボストン市の住宅価格をScikit-learnの線形回帰で予測

scikit-learnのサンプルデータを使ってボストン市の住宅価格を予測してみました。今回は、住居の平均部屋数と住宅価格の関係を使った単回帰分析でどこまで精度が出せるか検証してみます。
プログラミング

Python, Scheduleライブラリを使ったWebスクレイピング

Pythonと便利なScheduleライブラリを使って定期実行可能なWebスクレイピングをやってみます。意外とこの組み合わせの記事が見つからなかったので、記事に残しました。
プログラミング

AnacondaでPyTorch(CPU版)環境を構築

深層学習用のライブラリの一つであるPyTorchが注目を集めているということで早速使ってみました。今回はWindows10でのAnacondaからPyTorch(CPU版)の環境構築をやってみました。思いのほか簡単に構築出来たのですぐに開発出来るようになりました。
プログラミング

顔写真からジャニーズ系かEXILE系かを判定する学習モデルを深層学習を用いて作成してみた(~データ増量編~)

顔写真からジャニーズ系かEXILE系かを判定する学習モデルを作成してみました。全3回の記事の予定です。本記事は、「テスト・評価(データ増量)」 (記事 3/3)を掲載しています。Epoch数を増やして学習した結果とデータ水増しをした結果をまとめました。
プログラミング

顔写真からジャニーズ系かEXILE系かを判定する学習モデルを深層学習を用いて作成してみた(~学習モデルの作成から評価編~)

顔写真からジャニーズ系かEXILE系かを判定する学習モデルを作成してみました。全3回の記事の予定です。 本記事は、 「データの前処理」から「テスト・評価」 (記事 2/3)を掲載しています。深層学習を使って学習モデルを生成して、顔写真から判定してみます。
プログラミング

顔写真からジャニーズ系かEXILE系かを判定する学習モデルを深層学習を用いて作成してみた(~画像クローリング、顔検出編~)

顔写真からジャニーズ系かEXILE系かを判定する学習モデルを作成してみました。開発環境としては、python, opencv, anaconda, tensorflow, kerasを使っています。
タイトルとURLをコピーしました